まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

簡単便利、カードプロテクトタイプ「2つ折り名札入れ」新発売

ピックアップ はたらく

吊り下げ名札セット(カードプロテクトタイプ・2つ折り)<アイドプラス>
吊り下げ名札セット(カードプロテクトタイプ・2つ折り)<アイドプラス> 全 4 枚 拡大写真
 重ねて使用すると、読み取りエラーを起こしやすい非接触型ICカードが2枚セットできる「吊り下げ名札セット(カードプロテクトタイプ・2つ折り)<アイドプラス>」を、コクヨS&Tは6月10日に発売する。

 近年、セキュリティー意識の高まりと利便性からICカードの普及が進んでいる。なかでも、カードをかざすだけで情報が読み取れる非接触型ICカードは、名札用ケースや定期切れなどから取り出さずに使用できる特長がある。その利便性から、非接触型ICカードはテナントビル入館カードや公共機関系ICカード、パソコンのログインやロッカーの施錠管理の際に重宝されているようだ。

  しかし、非接触型ICカードは重ねて用いると、読み取りエラーが発生する場合もあり、収容するケースを分けなければいけないという煩わしさも生まれている。

 そこで、カード同士の干渉を防ぎ、読み取りエラーの発生をおさえる「吊り下げ名札セット(カードプロテクトタイプ・2つ折り)<アイドプラス>」が誕生した。

 広げて1枚のカードだけをかざすことにより、カード同士の干渉を防ぐため読み取りエラーが発生しにくく、2つ折りのため、個人名や企業名が記載されたカード面を内側に納めることでプライパシーを守りやすい利点もある。

 複数のICカードを使用する際の読み取りエラーが発生しにくく、セキュリティーとプライバシーの問題をまとめて解決。特長を考えると、この2つ折り名札セットがこれからの主流になる日も近いかもしれない。

《大倉恭弘》

この記事の写真

/

特集