まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

ペンを入れるだけじゃもったいない! ペンケースお勧め活用法

雑貨 バッグ・ケース

今話題のペンケースとその活用法
今話題のペンケースとその活用法 全 9 枚 拡大写真
 誰しもが必ず一度は使ったことのある文具「ペンケース」。小学生のときには、合皮のものや鉛筆削りや消しゴム収納スペースなどがついた超ハイテクペンケース、中学生になると、大量のペンを詰めた鞄の中の何よりも重そうなペンケース、高校に入ると、そんな中学時代とは裏腹にシンプルな缶ペンケースなど、その時代によってペンケースを変えてきた方も多いと思います。

 今回は、今話題のペンケースとともに、ペン以外の収納にも使えるお勧め活用術をご紹介します。

◆ペンケース界の大ヒット商品…●●に変身!

 文具好きの中ではおなじみのペンケース「ネオクリッツ」は、1年間で100万個を売り上げた大ヒット商品。その秘密は、ファスナーを開けて上部をくるりとめくると、ペンケースがペンスタンドに早変わりする構造にあります。ほしいペンが一目で見分けられるうえ、ペンケースが自立するので、カフェなどの狭いテーブルで作業するときにも邪魔になりません。

 そしてこの「ネオクリッツ」、ペンを入れる以外にも、お勧めの使い方があるんです。それはずばり、化粧ポーチ。ペンと形状が似ているマスカラやグロス、ブラシは「ネオクリッツ」にぴったり収まります。しかも、オフィスの洗面所の鏡の前の10センチ程度の幅の狭い棚にも立てられて便利です。普段使いはもちろん、旅行の時などにも、持ち運びに役立ちそうですね。

◆コンパクトサイズが好きな方にはコレ!

 使うペンはあまり多くない…という方には、「ネオクリッツミニ」がお勧めです。先にご紹介した「ネオクリッツ」の機能はそのままに、サイズがコンパクトになっています。コンパクトなサイズは、メガネケースとしても活用できそうです。デスクの上に常時置いておいても邪魔にならないサイズ感なので、PCメガネを収納して、デスクの整理に活用しても良さそうです。

◆中身の取り出しやすさはピカイチ?!なペンケース

 チャックを開くと、ペンケースがトレー状に開く「C2」。大きく開いて中身が見やすいので、消しゴムやシャーペンの芯など、小さいものも取り出しやすく、ペンケースとしても便利。

 もちろん、ネオクリッツのように化粧ポーチとして使うのもお勧めですが、実はこのペンケースは、小さめのマスキングテープが入るサイズです。かわいくってついつい買ってしまうけれど、家のあちこちに散らかっているマスキングテープを「C2」を使ってきれいに収納してみませんか? テープの柄も見やすく収納できるので、使い勝手もバツグンです。

◆番外編…さらに小さいネオクリッツがあった

 実は、通常のネオクリッツ、ネオクリッツミニよりもさらに小さい「プチネオクリッツ」というものも存在します。「プチネオクリッツ」には、もはやペンは入らない、印鑑やリップクリームほどの大きさ。非売品なので、ネオクリッツのキャンペーンなどでしかゲットすることができません。そんなレアな「プチネオクリッツ」が当たるキャンペーンを見かけたら、ぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

 気付かないうちに機能も使い方も進化しているペンケース。今後、どんな新商品が出るのか楽しみですね。

《inspi編集部》

この記事の写真

/

特集

PCサイト