まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

マイナンバー対策にも…持ち出し状況を一目で管理「USBメモリーボックス」

家具 オフィス用品

使用シーン
使用シーン 全 8 枚 拡大写真
 USBメモリーの管理と保管ができる「USBメモリーボックス(キーボックス兼用)」がコクヨより12月23日に発売される。1つのボックスでUSBメモリーと鍵が計32個収容できる。価格は29,160円(税込)。マイナンバー管理や情報漏えい対策強化に役立つ。

 個人情報が入ったUSBメモリーの紛失事故が多発しており、トラブルを未然に防ぐため、管理の徹底が求められている。マイナンバー制度の導入により、情報のさらなるセキュリティ管理が必須となる。

 「USBメモリーボックス(キーボックス兼用)」は、USBメモリー専用のキャップとストラップが付属しており、見出し部と名札の色と数字を合わせてキーフックにかけることで、持ち出し状況を一目で管理できる。

 また、数字4~8桁の暗証番号で開錠でき、オートロック式のため鍵をかけ忘れる心配がない。卓上と壁掛けの両方に対応したコンパクトな2WAYタイプで、ファイルと一緒に保管庫で収納するなど、それぞれのスペースに合わせて保管できる。付属の蓄光マグネットを貼っておくと、緊急時に暗がりでもボックスの所在がわかる。

 メーカー希望小売価格は29,160円(税込)。USBメモリー専用のキャップとストラップ付きキーホルダー型名札32個(4色・各8個)とナンバーシール32枚(4色・各8枚)、蓄光マグネット2枚などが付属する。

◆USBメモリーボックス(キーボックス兼用)
発売予定日:12月23日
メーカー希望小売価格:29,160円(税込)
外寸法:W317×D89×310(mm)
付属品:キーホルダー型名札(4色・各8個)計32個、ナンバーシール(4色・各8枚)計32枚、蓄光マグネット2枚、木ねじ4本、非常解錠キー2本、解錠手順ラベル1枚、アルカリ電池4本

《工藤めぐみ》

この記事の写真

/

特集

PCサイト