まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

取れかけボタンにお困りの人に!応急処置には針を使わず瞬間接着剤を!

ピックアップ くらし

取れかけのボタンに気付いたとき困りますね。針仕事はできないし、取れたら困るし。そんなときには瞬間接着剤で応急処置しましょう!
取れかけのボタンに気付いたとき困りますね。針仕事はできないし、取れたら困るし。そんなときには瞬間接着剤で応急処置しましょう! 全 4 枚 拡大写真
 師走に限らず年がら年中忙しく、時間に余裕がない方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。そんな現代人であれば、普段から気になっているものの、余裕がないのでそのままにしていることの1つや2つは、きっとありますよね。

 私の場合、壁紙のはがれや取れかけのボタンなどが気になりつつも、後回しにしておりました。しかし、取れかけのボタンは日に日に、服とボタンをつなげている糸は解けて心もとなくなっていく。実に困ったものです。

 そこで思いついたのが、瞬間接着剤を使うという裏ワザ。ボタンと服の渡り部分(糸足というらしいです)に、ほつれた糸をグルグル巻固めます。この状態でもしっかりした感じが出てきます。この状態を保つために瞬間接着剤を使うのです。

 コクヨの瞬間接着剤「レッドテック」であれば、使う時には赤い液がしっかり見えるのでしっかりと糸足の必要なところに差すことができます。乾いた後は、紫外線で透明に変化するので見た目もスッキリ。ぜひお試しください。

 最近気がついたのですが、洋服のお直しとかしてくれるところでしたら、ボタンの取り付けは200円前後でしてくれます。糸の色もそれなりに揃ってますし、プロの手でしてもらえると安心ですね。

防災訓練生.S
愛用の文房具は測量野帳。inspiでは防災番や下地先生のイラストも担当しています。いろんな視点で文房具の便利な使い方などを紹介していきたいと思っています。

《防災訓練生.S》

この記事の写真

/

特集