まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

東進の数学カリスマ講師・志田晶先生の文房具活用と効率アップ術

文房具 文房具

東進ハイスクール 数学講師 志田晶先生
東進ハイスクール 数学講師 志田晶先生 全 8 枚 拡大写真
 個性的な講師陣による映像授業が有名な東進ハイスクールで、数学の教鞭をとる志田晶先生は、全国模試の作問、センター試験対策・難関校コースの授業と活躍するカリスマ講師だ。わかりやすい授業に定評があり、生徒からの信頼も厚い。そんな志田先生に、勉強方法のアドバイスや文房具へのこだわりなどを聞いた。

◆授業や執筆で多忙な中、サッカーも

--普段どのように過ごされていますか。

 スタジオでの撮影など映像授業に関する仕事、年に100日ほどある公開授業、それに東大特進コースで行われる生の講義が主な仕事です。ほかに、本の執筆や講演会の仕事もあります。

 プライベートでは体を動かすのが好きで、サッカーをやっています。大学院時代の仲間の計らいで企業のサッカーチームに入れてもらって、毎週練習や試合をやっています。体づくりもあるので、ランニング、筋トレ、ウェイトトレーニングも欠かさず続けています。

◆数学者を夢見た子ども時代から、人気講師へ

--予備校の先生になられたきっかけは、何でしょうか。

 子どものころは算数や数学が好きで、成績もよかったです。北海道の生まれなのですが、田舎のせいかまわりからも褒められ、小学生のころには自分は数学者になるんだと決めていました。理系の大学、大学院と進んでいったのですが、大学院のときに河合塾や駿台といった大学受験予備校の講師の仕事を始めたのが、今の仕事を選んだきっかけです。学生のときは、数学だけでなく生物や地学も担当していました。

--従来の予備校と東進の映像授業では、授業の仕方に違いはありますか。授業で気をつけていることがありましたら教えてください。

 映像をうまく使うことによって、自分の授業では、90分の授業を150分くらいの内容になるように工夫しています。板書よりもスライドを多用しますが、グラフや数式を、アニメーションを交えて板書風に表示させるなど工夫しています。双方向ではないので、わかりやすさを考えるのですが、おかげでパワーポイントのいろいろな機能が使えるようになりました。
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 続きを読む

《inspi編集部》

この記事の写真

/

特集

PCサイト