まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

名刺管理の地味な進化~アナログとデジタルの境界線~

文房具 デジもの

名刺管理の地味な進化~アナログとデジタルの境界線~
名刺管理の地味な進化~アナログとデジタルの境界線~ 全 6 枚 拡大写真
 画期的な新機能や華々しさはないけれど、地味に進化している定番文具をとりあげるこのコラム。今回のテーマは、意外と悩ましい名刺の管理。情報の整理にほんの少しデジタルを取り入れることで得られるメリットについて紹介したい。

◆記憶をたぐる手助けをしてくれる名刺!だが…

 あまり自慢できる話ではないが、私は記憶力に自信がない。特に、人の顔と名前を覚えるのが苦手だ。自分の頭に期待できないなら、外部記憶に頼るしかない。そこで重要な手掛かりになるのが名刺である。

 「この人、どこで会ったんだっけな…」という時も、名刺をみると記憶がよみがえりやすくなる。自分が書き込んだ日付やちょっとしたメモがあればなお効果的だ。そのためには、必要な瞬間に、必要な名刺がすぐに出てくる状態を作っておかなければならない。

 会社勤めであれば、仕事の名刺情報は決められた管理システムに入力するという方もいるだろう。しかし、最近では個人で名刺交換をする機会も増えている。趣味の集まりで使う名刺、副業名刺、ブロガー名刺、学生名刺や近頃ではママ名刺、というのもあるらしい。

 わざわざ専用ソフトや機器を購入するほどではない、でもただ置いておくだけでは必要な時に見つけられない。そんな個人での名刺管理に私が使っているのが、「名刺CamiApp」というアプリである。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《ヨシムラマリ》

この記事の写真

/

特集

PCサイト