まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

白のコントラストがもたらす上質な時間! アクタス“Shades of White”

雑貨 アクセサリー

Shades of White
Shades of White 全 19 枚 拡大写真
 涼しい風を感じる季節を前に、アクタスから白を基調にした初秋のインテリア“Shades of White(シェーズオブホワイト)”がデビューした。穏やかな白のコントラストが、精神的な優しさや上質なシーンを演出する。

 アクタスの2016年秋冬テーマは「Precious Time」。大切な場所である家での貴重な時間に、あたたかさと穏やかさをもたらすインテリア雑貨を季節とともに展開する。

 シーン1となる“Shades of White”では、清らかで涼しげな色であり、精神的な穏やかさや優しさをもたらす色でもある白を基調としたテーブルウェアやクッションカバー、ディスプレイアイテムなどをそろえた。

・ダイニング
 良質な土と器用な手仕事でつくられた陶器の器「VINTAGE COLOR CELAMIC」は、エッジに施されたアンティーク調のデザインが特徴。プレーンな白の器と比べて盛り付けが美しく映え、使い勝手が良い。持ち手に温もりあるウッドをあしらった「SOHOLM CAFE(スーホルムカフェ)」のマグカップとスプーンは、口当たり滑らかな琺瑯のシリーズだ。日本の禅に大きく影響を受けたキッチンツール「THOTOCHI(トトチ)」は、多くの北欧デザイナーにも愛されるユニークなフォルムと機能性を兼ね備える。

・リビング
 部屋の印象を大きく変えるクッションカバーにも、白を基調とした異なるテクスチャーや柄をミックス。奥行き感を出しつつ、柔らかな風合いはリラックスできる空間を作り出すことができる。光沢感を表現する細糸の繊細なデザインや、染め糸を使わず本来の素材を活かしたデザイン、リボンテープやフリンジをアレンジしたデザインなど、豊かな組み合わせを楽しめる。

 ホワイトをベースに構成すれば、ごちゃつきがちなデコレーションアイテムもすっきりとまとまる。職人のハンドメイドによるフレームやガラスベースは、写真やアート、花を飾ることはもちろん、そのままでも美しいフォルム。形やサイズ、素材違いをミックスしたワントーンコーディネートがおすすめだ。

・バスルーム
 明るく清潔感あるバスルームは、ホワイトやベージュといったヌーディーカラーで仕上げよう。柔らかな素材感のバスタオルや心地よい香りを放つ「ALIXX(アリックス)」のルームフレグランスキャンドルは、あたたかい癒しの空間を演出してくれる。シンプルな空間には、サンゴやヒトデといった自然をモチーフにした雑貨「KIDDEE(キディ)」が、素敵なアクセントになってくれる。

 ニュートラルで誰もがインテリアに取り入れやすい白は、テクスチャーや素材感の異なるモノを組み合わせることで、動きを出しながらもやさしいコントラストを生むことができる。精神的な穏やかさをもたらす白を取り入れることで、ワンランク上の上質でくつろぎのある空間が出来上がるはずだ。

《勝田綾》

この記事の写真

/

特集

PCサイト