まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

グランプリ決定!「キャンパスアートアワード2016」最終審査に潜入!

文房具 ノート・手帳

グランプリ作品「YOSEGI in Hakone」
グランプリ作品「YOSEGI in Hakone」 全 12 枚 拡大写真
 「キャンパスアートアワード」は、昨年からスタートした読売中高生新聞(発行所 読売新聞東京本社)とコクヨの共催による絵画コンテスト。グランプリを受賞した作品は、コクヨのキャンパスノートの表紙になります。今年は6月1日から9月9日の3カ月間で昨年の倍を超える、2296点の作品が全国から寄せられました。

◆3人の豪華審査員メンバーたちによる投票で決定!

 10月18日、読売新聞東京本社で行われた最終審査には、今回審査員を務めていただく芦沢ムネトさん(お笑いグループ「パップコーン」のリーダーで「フテネコ」イラストの作者)、勝木光さん(週刊少年マガジン(講談社)でテニス漫画『ベイビーステップ』を連載中の漫画家)、若月佑美さん(女優。乃木坂46の第1期メンバー)が集合。

 1時間を超える熱い議論の末、グランプリ1名、読売中高生新聞賞1名、コクヨ賞1名、地区優秀賞6点が選ばれました。

◆三人三様の選択 混迷を極めた審査会

 大テーブルにズラリと並べられた最終候補。(写真2枚目、3 枚目)最終候補は日本を6つの地区に分け、地区ごとに3作品ずつをあらかじめ絞り、中学生18作品・高校生18作品がエントリーされました。その周りをぐるぐる回りながら作品を見つめる審査員の目は真剣そのもの。(写真4枚目)

 作品だけでなく、作品の裏面に書かれた年齢、性別、絵を描いた理由をじっくり読む姿も見られました。(写真5枚目) 「え~、これが中学生の作品!?」「これって男子が描いたの!?」「大胆な構図はこの年齢だからできるんだね」「どれも魅力があって優劣をつけるのは難しい」などの驚きの声も上がっていました。(写真6枚目)

 審査員の選定理由はさまざま。「とにかく描きたいから描いちゃいましたというような、勢いがいい(芦沢さん)」「うまく説明できないけれど惹かれるものがある(勝木さん)」「見たとおりではなく、自分で構図を考えて絵を作っているところがスゴイ(若月さん)」など、単に上手下手では説明できない魅力を作品から感じていることがうかがえました。

 一度は選出からもれた作品数点も、「これは敗者復活させたい!」という審査員たっての希望で、最終候補作品に加えられ、審査はますます混乱状態に。(写真7枚目) 1時間が過ぎ、このまま決まらないのでは…!?との不安もよぎる中、ようやく受賞者が決定しました!(写真8枚目)
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《石井栄子》

この記事の写真

/

特集

PCサイト