まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

コクヨデザインアワードから2点を商品化…コクヨハクで先行限定発売!

文房具 ノート・手帳

1本の糸で縫われたカレンダー「儚く、美しく」
1本の糸で縫われたカレンダー「儚く、美しく」 全 8 枚 拡大写真
 コクヨは、「コクヨデザインアワード2015」の受賞作品から「儚(はかな)く、美しく」「エンボスノート」の2点を商品化し、3月31日(金)から4月2日(日)に開催される情報発信型のステーショナリーショップ「コクヨハク2017」で先行限定販売する。

 「コクヨデザインアワード」は、使う人の視点で優れた商品デザインをユーザーから集め、商品化を目指すコンペティション。「美しい暮らし」をテーマとした2015年は、世界41か国から1,659点の作品が集まり、グランプリ1点と優秀賞3点が選ばれた。

 今回商品化されるのは、優秀賞を受賞したカレンダー「儚く、美しく」とエンボス加工したキャンパスノート「エンボスノート」。「儚く、美しく」は、数字が1本の糸で縫われており、糸を引っ張ると数字がほどけて消えていく。1日が終わるごとに糸を引っ張ることで、儚く過ぎてゆく日々に思いを寄せることができるカレンダーだ。

 一方、「エンボスノート」は、印刷ではなく、すべてがエンボス加工でデザインされているキャンパスノート。引き算の先に残るミニマルな美しさ、罫線の凹凸によって移ろう光、書くときのエンボスの質感などを楽しむことができる。

 期間限定のステーショナリーショップ「コクヨハク2017」では、「儚く、美しく」と「エンボスノート」を先行限定発売する。販売予定数は、各50冊。価格は、「儚く、美しく」が4,500円(税別)、「エンボスノート」が2,000円(税別)。

 「コクヨハク」は、見たことのないコクヨが楽しめる博覧会。3回目となる2017年は、文具のある暮らしに「一振り」することで彩りが加わるという願いを込め、「SPICE(スパイス)」をテーマに開催する。1日(土)には、キャンパスノートを表紙に使った写真集「ナスカイ」を発売した写真家・梅佳代氏のトークショー、2日(日)にはイラストレーター・みうらじゅん氏への金のスクラップブック贈呈式が予定されている。

 「コクヨハク2017」は3月31日(金)から4月2日(日)、東京シティアイで開催。時間は、午前10時から午後8時(最終日は午後6時)まで。

◆儚く、美しく
販売予定数:50冊
価格:4,500円(税別)

◆エンボスノート
販売予定数:50冊
価格:2,000円(税別)

◆コクヨハク2017
日時:2017年3月31日(金)~4月2日(日)10:00~20:00 ※最終日は18:00まで
会場:JPタワー・KITTE地下1階 東京シティアイ(東京都千代田区丸の内2-7-2)

コクヨハク2017
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/feature/haku/2017/index.html

《奥山直美 》

この記事の写真

/

特集

PCサイト