まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

メモがとれる人間にあこがれて~文具自分紀行・その3

文房具 ノート・手帳

メモがとれる人間にあこがれて
メモがとれる人間にあこがれて 全 3 枚 拡大写真
◆メモが「とれない」問題の分解

 「メモ」を定義したところで、次はメモが「とれない」という問題をもう少し掘り下げてみたい。人が「メモがとれない」と口にするとき、私は下記の二つの問題が混在しているように感じる。

(1)書く「コト」がない
(2)書く「モノ」がない

 それぞれ、具体的にみてみよう。

◆書く「コト」がない問題について

 ひとつめは、書く「コト」がない、という問題だ。この悩みを抱えている人は、「普通に生活しているとメモをとるようなコトなんてそうそうないよ」と言う。私は、これは半分その通りで、半分は必ずしもそうではない、と思う。実は書くコトが「ない」のは問題ではない。「無限にある」のが問題なのだ。

 私たちが普通に生活しているだけで、目や耳やその他の感覚器官からは常に情報が流れ込んでいる。それを受けて、意識的にせよ無意識的にせよ、思考は一切途切れることなく続いており、その量は膨大だ。よって、メモをとる「材料」がない、ということはありえない。にもかかわらず、書く「コト」がないと感じるのは、実はそれをキャッチする側、「アンテナ」の問題なのだ。

 「アンテナ」は、そのままでは流れて去ってしまう玉石混交の膨大な情報の中から、「玉」をすくい上げる装置である。その際にフィルターとして働くのは、なんのためにメモをとるのか?メモをとった先になにがあるのか?という「目的」だ。

 目的は人によって違うし、これといった正解があるわけでもない。人によっては、複数の「目的」を持つこともあるだろう。仕事で、あるテーマに沿った企画を立てなければいけないとか、子供の成長を忘れないように記録しておきたいとか、おもしろかったことを後で友達に話したいとか、何でもいいのだ。逆に言えば、その先に特に必要性がないならば、別にメモなんかとらなくてもいいのである。

 私の場合は、自身で運営している「絵日記ブログ」がきっかけだった。当時自分に課していた毎日更新の目標を果たすため、ネタをストックしておく必要性が生じたのだ。それ以前は、カッコいいメモ帳を買って「よーし、今日からこれを肌身離さず持ち歩くぞ!」と決意しては、すぐに挫折して持ち歩かなくなる、ということを繰り返していたのだが、ブログという必然性を得たことではじめて「メモをとる」習慣が身についたのだ。

 おもしろいもので、「ブログのネタをストックする」という目的があると、それまでは特に意識することなく受け流していた日々の些細な出来事が自然と目に留まるようになる。いわばアンテナに引っかかる、「ビビッ」とくる状態である。

 この「ビビッ」という感覚がつかめるようになってくると、メモに対する心理的なハードルが下がる、という効果もある。メモを書きはじめる前に「これは大したネタではないかもしれない」と判断するハードルがあると、メモをとろうかな、どうしようかな、と迷っているうちに結局とり逃す、という事態を招きかねない。「ビビッ」ときたらすぐに書く、という状態を作り出せれば、メモをとる精度とスピードは格段に上がっていく。そのためにも、「目的」を持つことが重要なのだ。

  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 続きを読む

《ヨシムラマリ》

この記事の写真

/

特集

PCサイト