まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

海外の語学学校ランキング1位は? Japan Best School Award 2017発表

ピックアップ まなぶ

「Japan Best School Award 2017」第1位のインパクトイングリッシュカレッジ、メルボルン校(授業風景)
「Japan Best School Award 2017」第1位のインパクトイングリッシュカレッジ、メルボルン校(授業風景) 全 3 枚 拡大写真
 留学ジャーナルは3月10日、2017年版の海外語学学校ランキング「Japan Best School Award 2017」を発表した。世界11か国の語学学校を対象に、留学体験者500名が評価を行った。評価期間は2016年1月1日~2016年12月28日。今年で8回目の発表となる。

 「学校スタッフ」「滞在先」「学校の施設」「環境」「授業の質」という5項目について、5点満点で評価し、総合平均点が高い順にランク付けした。その結果、オーストラリア・メルボルンの「インパクト イングリッシュ カレッジ、メルボルン校」が、2位以下に大きく差をつけて、4.800点でトップとなった。「インパクト イングリッシュ カレッジ、メルボルン校」は、少人数制のクラス、母国語厳禁ルールの徹底、熱心な指導などで人気の学校。特に「学校スタッフ」「滞在先」の2項目は、満点評価だったという。

 2位~6位はすべて4.6点台の僅差となったが、2位は「コンバース インターナショナル スクール オブ ランゲージ、サンディエゴ校」(アメリカ・サンディエゴ)、3位は「グローバル ビレッジ イングリッシュ センターズ、ハワイ校」(アメリカ・ハワイ)などが上位ランクインした。

 この結果について、留学ジャーナルでは、「適度に自然があり利便性も高く過ごしやすい学習環境」を求めて留学する人が多く、中規模都市の語学学校が多くランクインしたと分析している。また、独自ルールを採用する学校も、授業の質を重視する留学生から評価された模様だ。

■Japan Best School Award 2017
第1位(4.800点)インパクト イングリッシュ カレッジ、メルボルン校(オーストラリア・メルボルン)
第2位(4.680点)コンバース インターナショナル スクール オブ ランゲージ、サンディエゴ校(アメリカ・サンディエゴ)
第3位(4.666点)グローバル ビレッジ イングリッシュ センターズ、ハワイ校(アメリカ・ハワイ)
第3位(4.666点)ビクトリア大学付属集中英語コース(カナダ・ビクトリア)
第5位(4.621点)イングリッシュ ランゲージ カンパニー(オーストラリア・シドニー)
第6位(4.600点)ラングポーツ イングリッシュ ランゲージ カレッジ、ブリスベン校(オーストラリア・ブリスベン)
第7位(4.571点)グローバル ビレッジ イングリッシュ センターズ、ビクトリア校(カナダ・ビクトリア)
第8位(4.569点)ELSユニバーサル イングリッシュ カレッジ(オーストラリア・シドニー)
第9位(4.567点)カプラン インターナショナル イングリッシュ、シドニーマンリー校(オーストラリア・シドニー)
第10位(4.560点)マウントマウンガヌイ ランゲージ センター(ニュージーランド・マウントマウンガヌイ)

《冨岡晶》

この記事の写真

/

特集

PCサイト