まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

DIME×吉田カバン×コクヨの夢のコラボ “大人のネオクリッツ” 堂々完成!

文房具 文房具

DIME×吉田カバン×コクヨの夢のコラボ “大人のネオクリッツ” 堂々完成!
DIME×吉田カバン×コクヨの夢のコラボ “大人のネオクリッツ” 堂々完成! 全 15 枚 拡大写真
 ビジネスパーソンの愛読誌『DIME』(発行:株式会社 小学館)と”PORTER”のブランドで有名な吉田カバン、そしてコクヨがコラボをしたらどんなステーショナリーができるのか? 何か新しいモノを生みだしたい。そんな思いが生み出した「大人のネオクリッツ」は、どのようにしてできたのか。企画・開発に関わった方々に熱く語っていただいた。

<参加者>(本文内 敬称略)
株式会社小学館 DIME編集部 副編集長 高瀬光彦さん
株式会社小学館集英社プロダクション 松田雄太さん
株式会社吉田 松村力弥さん
コクヨ株式会社 清水陽芳さん

◆奇跡の“相思相愛”コラボが誕生!?

 昨年、発売10周年を迎えた「ネオクリッツ」は、シリーズで累計出荷数390万個超、40秒に1個売れているペンケース(2015年時点 コクヨ調べ)。立ててペンスタンドとして使える「立つペンケース」というのが最大の特徴だ。この「ネオクリッツ」を硬派な“大人”のビジネスパーソン向けにアレンジしたら? それが新プロジェクトの始まりだった。

――今回の、DIME×吉田カバン×コクヨのコラボレーションのきっかけは?

松田:DIMEでは通販商品として、ビジネスパーソンを対象にオリジナルプロダクトを開発してきました。吉田カバンさんとはこれまでもコラボをしていて、最近ではトートバッグが大変好評だったので、またぜひ何か新しい企画をやりたいと考えていたんです。

高瀬:コクヨさんのネオクリッツが10周年を迎えるという情報があり、ちょうどDIMEも30周年でしたので、周年つながりでコラボをしてはどうかというアイデアが編集部内で持ちあがりました。いつもお世話になっている吉田カバンさんにも加わっていただいたら、今まで世の中になかったようなものができるのでは? と考えました。

松村:当社ではあまりステーショナリーでコラボレーションを承ったことがなかったのですが、ネオクリッツは大ヒット商品ですからコラボレーションできるならぜひやりたいと思いました。

清水:DIMEさんからこの話をいただいたとき、最初は吉田カバンさんが参加することは聞いていませんでした。でも、部署内で「面白そうだね、コラボの相手が吉田カバンさんだったらいいよね」と話していたんです。すると松田さんが、「製作は、吉田カバンさんを考えているのですが…」と。本当に嬉しくて、これは何としても社内で企画を通すしかない!と思いましたね(笑)。

大人のネオクリッツ グレー
(写真 3社のコラボでできた「大人のネオクリッツ」のネイビー)
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《石井栄子》

この記事の写真

/

特集

PCサイト