まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

<フォトレポート>大盛況のコクヨハク2017

文房具 文房具

<フォトレポート>大盛況のコクヨハク2017
<フォトレポート>大盛況のコクヨハク2017 全 10 枚 拡大写真
 今年も3月31日~4月2日の3日間限定ステーショナリーショップ「コクヨハク」が東京丸の内 JPタワー地下1階 東京シティアイにて開催されました。3日間のご来場総数は2万5000名を超え、連日開店前から行列が出来るほどの賑わいでした。

 残念ながら当日予定があったり、そもそも遠方で会場に足を運べなかったという皆様に、今年の「コクヨハク」をいち早くレポートします。

開店前から大行列

 入り口でお出迎えするのは、2016年の「鉛筆シャープTypeS」とシュールな1コマ漫画「サラリーマン山崎シゲル」とのコラボレーションキャンペーンの賞品として話題となった「等身大部長型の鉛筆シャープ立て」。決してかわいくはない(?)部長との記念撮影を多くの方が楽しまれていました。

入り口でお迎えの部長人形です

■人気商品レポート

 入り口には、コクヨハク限定企画のMcCANN MILLENNIALSコラボ「TWINSHEART
by DOTLINER」。テープのり “ドットライナー” 2つをハートモチーフに重ねてパッケージ化したかわいい商品で、女子中高生に友達とお揃いで持って欲しいと願って企画されました。数量限定なので、いつの間にかすべて完売となってしまいました。

気が付けば完売でした!

 会場に入ってすぐにあるのはコクヨハク限定商品コーナーです。野帳人気は今年も健在。贈り物として企画された、真っ赤な表紙にハートマークが描かれた「本命ヤチョウ」と「義理ヤチョウ」が飛ぶように売れていきました。

限定野帳が飛ぶように売れてます!

 今年新しくコクヨハクに仲間入りしたコクヨMVP(鳥取のファイル工場)コーナーでは、コクヨハクのために特別に企画されたレインボースクラップブックが好評でした。その横には、毎年恒例のコクヨノートのマザー工場である滋賀工場のオリジナル企画ノート「REEDEN premiumシリーズ」のノートが人気。このノートは、“艶めくにほんのかたち”をコンセプトとしてデザインされた4種の表紙が特徴です。

滋賀工場の販売コーナー

 コクヨハク先行販売商品として企画したコクヨデザインアワード2015の受賞作品にも人気が集まりました。特に、目盛りが泡で表現された定規「泡の定規(bubble ruler)」と印刷ではなくすべてエンボスで加工されたキャンパスノート「エンボスノート」は、用意していた50個の在庫が連日開店即完売となるほどの人気でした。

デザインアワード先行販売品も即完売!

■イベントレポート

<アカペラグループ「INSPi」ミニライブ>
 コクヨが運営する文房具・家具・雑貨ニュースサイト「inspi」と同名であることをきっかけに、アカペラグループINSPiの作詞作曲によるドットライナーテーマソングが完成したことを記念したお披露目ミニライブがありました。当日は13時開始にもかかわらず朝一番からファンの皆様がご来場されて大盛り上がりでした。

アカペラグループINSPiライブで盛り上がりました。

※ドットライナー応援ソングはこちらでお楽しみください!
https://www.youtube.com/watch?v=RVmbBKeMw7Y&feature=youtu.be/i/products/byloft/


<写真集「ナスカイ」発売記念 梅佳代さんトークイベント>
 表紙がキャンパスノート仕様の写真集「ナスカイ」の発売を記念して、写真家 梅佳代さんのトークショーとサイン会を開催しました。事前配布の整理券では足りず、多くの方々に参加いただき、トークとスライドで午後のひとときを楽しんでいただきました。

梅佳代さんトークショーです

<みうらじゅんさん 金のスクラップブック贈呈式>
 長年、コクヨのスクラップブック「ラ-40N」を愛用いただき、スクラップブックの楽しさを発信し続けてくださっているイラストレーターみうらじゅんさんに感謝の気持ちを込めて、特別に仕立てた「金のスクラップブック」の贈呈式を開催しました。

 かわいいハート柄のシャツで登場のみうらさんと、当日会場で選ばれたお客様2名に、一緒にテープカットをしていただき、無事に金のスクラップブックを贈呈できました。

みうらじゅんさんは金のスクラップブックでご満悦!

 多くの文具ファンの方々にご来場いただき、今年で3回目の東京開催となった「コクヨハク」。毎年、少しでも多くの方々に去年とは違う内容で色んな情報を発信していければという想いで企画して開催していますので、次回もお楽しみに!

ココさん
毎月締め切りに追われ、思い通りの記事がお届けできていない気分に苛まれている崖っぷち編集員です。でも、読者の皆さんに少しでも楽しんでいただける記事を書こうという想いだけは負けていませんので、長い目でみてやってください。ちなみに、ペンネームは、愛犬(コーギーちゃん)の名前です。

《ココさん》

この記事の写真

/

特集