まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

文房具店の探訪、あるいは堪能~文具自分紀行・その4

文房具 文房具

文房具店の探訪、あるいは堪能~文具自分紀行・その4
文房具店の探訪、あるいは堪能~文具自分紀行・その4 全 5 枚 拡大写真
◆いざ入店! 時間がなくてもここだけはおさえたい

 外観をしっかり味わったら、いよいよ入店である。果たして予想は当たるのか、外れるのか(実は予想通りだと嬉しくて、違っていたらそれも楽しいのでどっちでもいいのだが)。バラエティショップの文具売り場や、ショッピングモールの中の店舗の場合は、ここからのスタートとなる。

 まずチェックしたいのは、入ってすぐの平台である。ここはお店がもっとも気合いを入れているアイテムが並んでいることが多いからだ。いつ行っても楽しいなと感じるお店は、行く度に新しい発見、変化のあるお店である。お店側もそれを重々承知しているので、「なんだ前と同じか」と思われないように、目につくこの場所の品物は、常に入れ替えに知恵を絞っているのである。今の時期なら、色とりどりのパックノートが山積みになっていたりするし、少し前なら手帳やカレンダーの棚があったはずだ。もうしばらくすると、暑中見舞いのハガキが並ぶだろうか。文房具店で四季折々の変化を感じる、日本人でよかったと思う瞬間である。

 さて次は「エンド」だ。エンドというのは棚の正面ではなく、両端の側面のこと。棚と棚の間の通路に対し、直角に交わる場所である。スーパーマーケットでは目玉商品の定位置だが、文房具店でもそれは同じ。新商品や人気商品が並ぶことが多いので、時間がなくてもここだけは絶対に見逃してはいけない。

 特に、専用什器は要チェックだ。「什器」は商品をディスプレイする棚や台のこと。「専用什器」とは、特定の商品のために作られたディスプレイセットである。文具メーカーとしては、伝えたい機能や世界観、メッセージがたくさんあって、「これはイチオシ!」というアイテムに対して作ることが多い。だがお店にしてみれば、単品ではなくセットの仕入れになるのでコストがかかる上、限られた売り場面積の中で置き場所を確保する苦労もある。それでも「これはイケる!」と思うから置くのだ。つまり専用什器があるということは、文房具を作るプロであるメーカーと、目利きのプロであるお店の両方からお墨付きを得ているのと同義なのだから、これをチェックしないのは実にもったいない、というわけである。

  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 続きを読む

《ヨシムラマリ》

この記事の写真

/

特集