まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

【小学生のノート力】カラフルなだけのノートは卒業! シンプルでルールのある色づかいを目指そう

 今、文房具屋さんへ行くと、いろんな種類のペンが色とりどりに並んでいて、見ているだけで楽しい気分になりますね。でも、学年が上がるにつれ、色との付き合い方を考えなくてはいけません。

文房具 ノート・手帳
ノートに色を使う場合は、基本3色、ルールを決めて使うことが大切!
ノートに色を使う場合は、基本3色、ルールを決めて使うことが大切! 全 3 枚 拡大写真
 今朝、学校へ行く支度をしている2年生の息子を見ると、下着の前と後ろを逆に着ているようで、Tシャツの襟ぐりから下着がはみ出ていて…。でも、もうこれは日常すぎることなので、「ま、いいか」と思い見過ごしたのです。それが、玄関を出て行こうとする息子を見ると、今度はズボンの前と後ろが逆。さすがにそれはと注意。「もう、早く言ってよ」とイライラしながら玄関でズボンを履き替える息子を見ながら、「なんでかな。前と後ろの二択しかないのにどうして毎回間違えるかな…」と。自分でお洋服を着るようになってからずっと。小学生になってもずっと。左利きのせいか!なんて思ってみたり……。関係ないか。

 そんな逆が大好きな息子ですが、最近は、文字の左右を反転させた鏡文字がすっかりなくなりました。左利きの彼にとって、文字はいつも書きづらそうでしたがだいぶ慣れてきたようです。成長ですね。次は、お洋服を着ることにも早く慣れて欲しいなあ。

◆色は大切な部分を目立たせるために使う

 いきなり関係のない話から入りましたが、今回のお話は、ノートの色づかいについてです。今、文房具屋さんへ行くと、いろんな種類のペンが色とりどりに並んでいて、見ているだけで楽しい気分になりますね。色ペンや色えんぴつは、ノートづくりを彩ってくれる大切なものです。低学年のうちは、いろんな色を使いノートを書くことを楽しんでもらえたらと思います。でも、学年が上がるにつれ、色との付き合い方を考えなくてはいけません。

 色は何のために使っているのか? 大切な部分を目立たせるために使うのです。ですので、色をたくさん使えば使うほど、どこが大切なのかわからないノートになってしまいます。

 また、ノートを書いている最中に、あれこれと色ペンを持ちかえていては、書くスピードが遅くなり集中力が切れてしまいます。ノートを書く際には、えんぴつやシャープペンの黒色に赤色、青色の3色で十分です。

 余談ですが、授業中、ペンを持ちかえる時間がもったいないと、シャープペンと色ペンの2本をお箸のように持ち、ペン先だけを変えてノートを書いていたという東大生がいました。授業で習う知識を少しでも漏らすことなくノートに書きたいという執念ですね。
  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《太田あや》

この記事の写真

/

特集