まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

予定と記録をリンク!振返りにも便利な新タイプ手帳「Drawing Diary2018」

文房具 ノート・手帳

「Drawing Diary 2018」のHeavy(手前)とLight(奥)のラインアップ
「Drawing Diary 2018」のHeavy(手前)とLight(奥)のラインアップ 全 16 枚 拡大写真
 コクヨは9月8日、予定(スケジュール)と記録(ノート)がリンクする新しいタイプの手帳「Drawing Diary(ドローイングダイアリー)2018」を発売する。ノート部分には全ページにナンバリングしてあり、ノートのページ番号をスケジュールに控えることで、記録を簡単にひも付けできる。

 「Drawing Diary」は、シンプルで自由度が高いマンスリーカレンダー。見開き1か月のマンスリーカレンダーのほか、文字にもイラストにも対応できる3mm方眼のノートページがあり、万年筆や油性ボールペンなどで書いても裏抜けしにくい専用用紙を開発・採用している。

 カレンダーページは、1か月のスケジュールがたくさん書き込めるように5段組枠とし、A5変形サイズでは1日のマスとして最大の31×39mmを確保している。右側の余白欄には、ヨーロッパ暦のウィークナンバーを記載しているほか、週の予定などを書き込むことができる。

 ノートページには、記録した内容をシェアしやすいよう、スキャンやコピーをしても写りにくい方眼罫を採用。全ページに番号が印字してあり、スケジュールにページ番号を記載することで、記録のひも付けが可能。打合せ準備メモの検索、過去スケジュールからの記録振返りなどに便利。また、ノートの先頭ページにはインデックス、全ページにタブ欄があり、月別やテーマ別など使用目的に応じて自由に使い分けられる。

 ラインアップは、ノートページがたっぷり384ページある「Heavy」、ノートページ160ページで持ち運びに便利な「Light」の2種類。カラーは4色展開。価格は、Heavy 2,500円(税別)、Light1,800円(税別)。

 Drawing Diaryをより快適に使うための「Drawing Diary Cover」も同時発売する。2色展開の「Color」と透明な「Clear」があり、名刺などがはさめるポケットやペンホルダー(Colorのみ)付き。価格は、Color2,800円(税別)、Clear550円(税別)。

◆Drawing Diary 2018
発売予定:2017年9月8日(金)
カラー:4色
サイズ:A5変形

【Heavy】
仕様:見開きマンスリー+382ページ方眼ノート、スピン2本
寸法:W131×H210×D16mm
重量:約390g
価格:2,500円(税別)

【Light】
仕様:見開きマンスリー+158ページ方眼ノート、スピン2本
寸法:W131×H210×D8mm
重量:約198g
価格:1,800円(税別)

◆Drawing Diary Cover
発売予定:2017年9月8日(金)

【Color】
材質:表側 PU、内側 帆布
価格:2,800円(税別)

【Clear】
材質:非フタル酸系塩ビ
価格:550円(税別)

《奥山直美 》

この記事の写真

/

特集

PCサイト