まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

退室・おしゃべり、泣き声OK…芦屋で親子クラシックコンサート3/4

 兵庫県芦屋市は2018年3月4日、芦屋市立美術博物館において親子向けのクラシックコンサートを開催する。「幼い時こそ本物と出会いを」をテーマに、途中退席・おしゃべり・子どもの泣き声など、すべてOK。子どもの楽器体験も行われる。

ピックアップ くらし
クラシックコンサート出演者
クラシックコンサート出演者 全 3 枚 拡大写真
 兵庫県芦屋市は2018年3月4日、芦屋市立美術博物館において親子向けのクラシックコンサートを開催する。「幼い時こそ本物と出会いを」をテーマに、途中退席・おしゃべり・子どもの泣き声などもすべて歓迎する。子どもの楽器体験も行われる。

 芦屋市では、魅力・住みやすさの認知度向上を図り、移住定住への関心を高めることを目的にさまざまなイベントやPR動画配信を行っている。今回、幼い子どもたちに本物のクラシックに触れる機会を提供することを目的に、親子クラシックコンサートを開催する。参加は0歳から可能で、子どもが泣いても、おしゃべりをしても、途中で退席してもOK。子ども連れにはハードルが高いクラシックコンサートを、大人も子どもも気兼ねなく楽しめる配慮がなされたコンサートだ。

 コンサートは午前・午後の1日2回実施。当日は、中学生以下の子ども限定で弦楽器や打楽器に触れる楽器体験も行う。なお、コンサートの聴講は大人のみでも可。コンサートの定員は各回150名程度、楽器体験は各回60名。芦屋市のシティプロモーションWebサイトにて2月18日まで申込みを受け付ける。応募多数の場合は抽選。

 芦屋市ではPR活動の一環として、2017年12月に「芦屋市は、日常の音もまるでアート」をコンセプトとしたPR動画「Sound of ASHIYA」を3本シリーズで公開。芦屋市の日常的な音と映像を紹介した動画だが、3本を同時再生するとメロディーが重なり合い壮大な1つのハーモニーを奏でるという。3本を1つにまとめたPR動画「All ver.」は、芦屋市のシティプロモーションWebサイトで見ることができる。

◆親子で楽しむ芦屋クラシック体験
日時:2018年3月4日(日)午前の部11:00~12:00頃、午後の部14:00~15:00頃
場所:芦屋市立美術博物館(兵庫県芦屋市伊勢町12-25)
対象:誰でも参加可(楽器体験は中学生以下の子ども対象)
定員:コンサート…各回150名程度、楽器体験…各回60名
参加費:無料
申込方法:芦屋市シティプロモーションWebサイトにて申し込む
申込締切:2018年2月18日(日)※応募多数の場合は抽選

《畑山望》

この記事の写真

/

特集