まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

大阪「万博記念公園」9/15は入園・入館が無料

 2018年9月15日は、大阪府吹田市に位置する「万博記念公園」の無料デー。公園内の対象施設入園・入館が無料になる。9月15日から17日までの3日間は、大阪万博に由来するステージイベントや体験企画などを実施予定。

ピックアップ くらし
万博記念公園
万博記念公園 全 3 枚 拡大写真
 2018年9月15日は、大阪府吹田市に位置する「万博記念公園」の無料デー。公園内の対象施設の入園・入館が無料になる。9月15日から17日までの3日間は、大阪万博に由来するステージイベントや万博ウォーク、ラジオ公開生放送などを実施予定。

 日本万国博覧会(大阪万博、EXPO'70)は、1970年3月15日から9月13日までの183日間、アジア初の万国博覧会として大阪の千里丘陵で開催された。

 大阪万博の記憶を後世に継承するため、2018年は9月15日を万博記念公園無料デーとする。対象の施設は、自然文化園、日本庭園、EXPO'70パビリオン、国立民族学博物館(特別展は除く)、大阪日本民芸館の5つ。

 9月15日の無料デーだけでなく、9月15日から17日までの3日間は1970年の大阪万博にちなんださまざまなイベントを開催する。なお、16日と17日の入園・入館料は通常通り有料。

 子ども向けには、3日間とも午前9時半から午後5時まで、自然文化園で「ワールドエンジョイパーク」を開設予定。一部無料で楽しめるアトラクションもあるが、原則は有料で利用できる。9月15日および16日には、MBSラジオ公開イベント「アッパレオレたちゴチャ祭 万博からやってまーす」の公開録音も予定されている。

 対象施設や期間内のイベントについては、万博記念公園のWebサイトで確認すること。なお、台風21号の影響で臨時救援していた自然文化園は、2018年9月8日から営業を再開している。入園可能エリアや入口に制限があるため、詳細はWebサイトで事前に把握しておきたい。

◆2018年「万博記念公園無料デー」
対象日:2018年9月15日(土)
対象施設:自然文化園、日本庭園、EXPO'70パビリオン、国立民族学博物館(特別展は除く)、大阪日本民芸館

《佐藤亜希》

この記事の写真

/

特集