まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

【台風24号】9/30に西日本、10/1に東日本や北日本に接近

 大型で非常に強い台風24号は、2018年9月29日に沖縄・奄美にかなり接近すると予想される。9月30日には非常に強い勢力を維持したまま西日本にかなり接近・上陸し、10月1日にかけて東日本や北日本にかなり接近・通過するおそれがある。

ピックアップ くらし
台風経路図(2018年9月28日12時50分発表)
台風経路図(2018年9月28日12時50分発表) 全 2 枚 拡大写真
 大型で非常に強い台風24号は、2018年9月29日に沖縄・奄美にかなり接近すると予想される。9月30日には非常に強い勢力を維持したまま西日本にかなり接近・上陸し、10月1日にかけてさらに速度を上げて東日本や北日本にかなり接近・通過するおそれがある。

 気象庁予報部によると、台風24号(チャーミー)は9月28日正午現在、宮古島の南東約320キロを1時間におよそ10キロの速さで西北西に進んでいる。今後も台風はゆっくりと北西に進んだ後に北東に進路を変え、29日に非常に強い勢力で沖縄・奄美にかなり接近する見込み。

 その後は、速度を速めながら北東に進み、9月30日には非常に強い勢力を維持したまま西日本にかなり接近・上陸。10月1日にかけてさらに速度を上げて東日本や北日本にかなり接近・通過するおそれがあるという。

 台風の接近に伴い、9月28日と29日は沖縄地方で雷を伴った激しい雨が降り、30日にかけては西日本から北日本にかけても雨量が多くなると予想される。土砂災害、低地の浸水、河川の増水や氾濫、交通障害、停電、果実の落下など農作物の被害が発生するおそれがあるため、気象庁は早めの対策を呼びかけている。

《工藤めぐみ》

この記事の写真

/

特集