まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

量と色に遊びながら気づく積み木「Kizuki no Ki」コクヨのえほんアネックス第1弾

 コクヨは2018年10月4日、「コクヨのえほん」シリーズの中でも、少量生産でこだわりのある商品のみを取り扱う専用のECページ「コクヨのえほんアネックス」を、コクヨ直営サイト「コクヨショーケース」内に開設し、第1弾の商品「Kizuki no Ki」を発売しました。

雑貨 キッズ
Kizuki no Ki
Kizuki no Ki 全 3 枚 拡大写真
 コクヨは2018年10月4日、「コクヨのえほん」シリーズの中でも、少量生産でこだわりのある商品のみを取り扱う専用のECページ「コクヨのえほんアネックス」を、コクヨ直営サイト「コクヨショーケース」内に開設し、第1弾の商品「Kizuki no Ki」を発売しました。

 コクヨのえほんシリーズは、「創造力の育成」と「親子のコミュニケーション」をテーマに、ワークブックや画材を各店頭にて広く展開しています。しかし、企画される商品の中には、材料調達や製造工程の事情などで大量生産できず、店頭での展開では商品化できないものもありました。「コクヨのえほんアネックス」は、そのような少量生産でこだわりのある商品を、顧客のもとへ直接届けることを目的に開設されました。

 第1弾の商品として発売された「Kizuki no Ki」は、体感だけでなく視覚的にも物質の量を感じることができ、遊びながら物質に量があることに「気付く」ことができる積み木。人は「明るい色ほど軽く」「暗い色ほど重く」感じるという色彩学の考えを積み木に適用し、軽い(小さい)ものほど明るく、重い(大きい)ものほど暗く、本体色がグラデーションになるよう塗装されており、重さや大きさの違いを視覚的にも感じることができます。

 同系色のグラデーションは美しく、積み上げたものをそのままインテリアとして飾ることも可能。形状が複雑なためひとつひとつ手作りされ、本体色のカラーリングもグラデーションに色調の徹底管理が必要なため、大量生産が難しい商品です。

 ラインアップは、四角形で青緑色の「PIXEL」三角形で橙色の「HOUSE」の二種類。お互いを組み合わせて遊べるように、双方に同じ基尺を採用しています。積み木として積んだり崩したり自由に遊べるほか、「PIXEL」は1マスのブロックから5マスのブロックまで段階的にあるので、積み木を使って足し算を学ぶこともできます。

 メーカー希望小売価格は、各1万8,000円(税別)。いずれも基尺は27mm、パッケージサイズはW250mm・D140mm・H74mm。セット内容は、「PIXEL」が12種類21個(塗装色5色)、「HOUSE」が7種類32個(塗装色6色)です。

◆Kizuki no Ki
価格:1万8,000円(税別)
パッケージサイズ:W250・D140・H74mm
対象年齢:3歳以上

<PIXEL>
セット内容:12種類21個(塗装色5色)
JAN:4901480345215
品番:KE-AC24

<HOUSE>
セット内容:7種類32個(塗装色6色)
JAN:4901480345222
品番:KE-AC25

《桑田あや》

この記事の写真

/

特集