まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

通勤ラッシュが楽しくなるハモ的方法「ハモる×はたらく=? 」hamo-labo#10

 都心部での通勤ラッシュの過酷さは大変なものです。いかに通勤ラッシュを楽しむか。アカペラグループINSPiのリーダー杉田がhamo-labo的なアイデアを皆さんにお伝えします。

ピックアップ はたらく
憂鬱な朝も……
憂鬱な朝も…… 全 2 枚 拡大写真
 都心部での通勤ラッシュの過酷さは大変なものです。満員電車に乗るストレスは戦闘機パイロットの臨戦態勢時の数倍だとか、ネガティヴ感情は伝播しやすいので全員もれなくうんざりしているラッシュアワーの人混みはヤバイとか……そういったことをよく皆さんも耳にされるかと思います。

 フレックスタイムや時差通勤など、いろんな仕掛けをかなり以前からやっていてもそれほど改善されない。いや、改善されているみたいだけど、それでもツライ!(過去最高の混雑率は昭和39年度の記録で「国鉄阪和線 杉本町~天王寺」間の最高混雑率でなんと380パーセント。国土交通省のサイトより。)この通勤をラクにすることで、生産性はもとより、社会全体の幸福度はかなり上がるはずです。

 職場の近くに住む、自転車通勤にきりかえる、在宅ワーク、早起きして始発に乗る、などなど。おそらくそのような根本的な解決策を取れる人はさっさとやってて、それらが叶わず仕方なく満員電車に揺られている方がほとんど。(当連載で訴えてきたhamo-labo的主張『ハモらないことを楽しもう』

 それではいかに通勤ラッシュを楽しむか。hamo-labo的なアイデアを皆さんにお伝えしましょう。

通勤ラッシュアワーをスポーツする



 例えば、朝夕のターミナル駅。ものすごい勢いで人々が互いの行き先へと急ぐ。自分が向かいたい方向へ行けないようなときもありますよね。

 そんなとき、僕は頭の中でアメリカンフットボールのボールを持って走る役の人になります。(アメフト詳しくないのでざっくり説明すみません。ボールを持って走る役の人の周りを体を張って通路を確保する役の人がいる、んですよね??)

 つまり自分の行き先と同じ流れの集団の中心にポジショニングして、左右交錯してくる人から守られるように移動します。もちろん周りの人たちの動きはイレギュラーです。流れを読みながら別方向に進む人たちと対面するプレッシャーをなるべく少なくなるように位置どります。するとどうでしょう。うまく邪魔されず守られるように歩けるこの爽快感たるや!

 また、そういう集団に入れなかったとき、今度はサッカーのドリブルをしているイメージに切り替えます。(アメフトの走る人のままでもいいですが、やったことあるサッカーの方がイメージしやすいので。)前からどんどん近づいてくる人を華麗なフットワークでかわして進みます。するとどうでしょう。これまで邪魔に思ってた対面通行の人々がゲーム対戦プレイヤーみたいに思えて楽しくなります。うまくかわして進むこの爽快感たるや!

 さて、機嫌よく歩いていたら前にエスカレーターが見えてきました。立ってていい側には長蛇の列が。。

 こんなときは思いきって階段を選びましょう。頭の中では登山のイメージです。登山というスポーツの楽しさから、山頂からの眺望や季節ごとの植物の変化、美味い空気など、登山の醍醐味の大部分を差し引いても、まだそこに残るもの。それは『達成感』ではないでしょうか。『達成感』なら駅の階段でも得られます!途中の踊り場は8合目の休憩小屋。上りきったら心の中でヤッホーと叫びましょう。その爽快感たるや!

 他にも・・・例えばある程度空いてきた電車なら、吊り輪や手すりを持たず電車の車両をサーフボードに見立てて細かい揺れを乗りこなすようにイメージしてみたり。こうしたスポーツ感覚での楽しみ方はあなたのアイデア次第。ぜひ明日から試してみてください。

満員電車はチームメイト



 そして、もう1つの大きなスポーツの楽しさ。それは共にプレーする仲間がいること。ゲームの途中は協力したり、競い合ったり。そして、ゲームセットのあとには互いを讃え合う。とてもさわやかな気持ちにさせてくれますね。

 そうです、もうお分かりでしょうか。満員電車に揺られている人びと、駅を急ぎ歩く人びと。それは皆チームメイトなのです。自分と同じ時間帯に起きて準備して、また仕事をおえて、ここに集まった縁の深い仲間。

 そう考えるとどうでしょう。不思議なことに今まで不快だった車内が、少しだけ居心地よくなりませんか。勝っても負けても、僕らはチームメイトであり試合後はノーサイド。また明日この場所に集まる仲間なのです。

 宇宙船地球号なんて発想もありますが、それなら通勤電車の『袖振り合うも他生の縁』なんてもっと実感もてるはずです。
INSPi 杉田篤史
アカペラグループINSPiリーダー
様々な社会組織における人々の調和を考えるワークショップhamo-labo主宰
NPO法人TOKYO L.O.C.A.L 理事

《INSPi 杉田篤史》

この記事の写真

/

特集