まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

文具あふれる3日間の遊園地!測量野帳60周年も祝う「コクヨランド」

 7回目を迎えた春の恒例イベント「コクヨハク」。今回はワクワク感あふれる「遊園地」がテーマです。2019年3月30日から4月1日に東京丸の内JPタワーにて開催されました。初日の熱気を写真とともにレポートします。

文房具 文房具
文具あふれる3日間の遊園地!測量野帳60周年も祝う「コクヨランド」
文具あふれる3日間の遊園地!測量野帳60周年も祝う「コクヨランド」 全 30 枚 拡大写真
 今年もやってきました、コクヨの博覧会「コクヨハク」。7回目を迎えた春の恒例イベント、今回はワクワク感あふれる「遊園地」がテーマです。2019年3月30日(土)から4月1日(月)の3日間、東京丸の内JPタワーにて開催されたステーショナリーのテーマパーク。初日の熱気を写真とともにレポートします!

人気商品が散りばめられた「コクヨランド」テーマイラスト

遊園地でワクワク楽しく、家族や大切な人と楽しく文具体験をしてほしい



 毎年、サプライズなテーマと演出でワクワクさせてくれるコクヨハク。今年のテーマは「コクヨランド~旅する遊園地~」。誕生60周年を迎えるロングセラーの測量野帳をはじめ、会場限定アイテムが販売されるということもあり、初日は開園前から行列ができていました。

遊園地スタッフに扮した、ステーショナリー事業本部プロモーション推進部の川人慎右さん

 いつも趣向を凝らした工夫いっぱいのイベントですが、遊園地をテーマとした理由とは…。ステーショナリー事業本部プロモーション推進部・部長の川人慎右(かわひとしんすけ)さんに聞きました。「『直接お客さまと話がしたい、製品の良さを自分たちから直接伝えたい』という思いから生まれたコミュニケーションの場が、コクヨハクです。今回は、特に日常に忙殺されがちな働く女性にワクワクしてもらいたい、という思いから企画がスタートしました」と川人氏。

会場内には「遊園地」にまつわるモチーフがたくさん

 「働く女性は、常にたくさんの役割を担っています。仕事でも家でも、一日中大忙しですよね。女性、特に子どもを持つワーキングマザーと文具の関わりとしては、昼は仕事で、プライベートでは子どもの連絡帳やメモ、マステ、マーカーなど、何かしら毎日寄り添う存在でもあるわけです。ママたちの暮らしのそばにあるツールを提供するコクヨとして、働くママに何かお手伝いできないだろうかと考えました。それを起点に、働く女性も家族もワクワクし、かつ癒やされる、カラフルで楽しい『遊園地』というテーマが動き始めました」。確かに、文具のワクワク感を、家族や友だち同士で共有できると、コミュニケーションもより深まりそうですよね。それでは、いよいよ遊園地に入園してみましょう!

遊園地コクヨランドには、ファン注目の限定アイテムがずらり!



 入園口にある巨大野帳とともに、取材陣を迎えてくれたのは、インスタ映えしすぎるほどチャーミングな「コクヨビッグガチャ」。

巨大なドームの中に詰まっているピンクのカプセルを1回500円でガチャできる

 秘密のカプセルの中を見せてもらうと、コクヨランドオリジナルのミニタオルと文具が収まっていました。さらに、当たりチケットが入っていた方には、文具がぎゅう詰めの「文房具ハッピーBOX」が後日お届けされるという、うれしい企画!子どもからご年配の方まで、ドキドキ感を堪能していました。

コクヨランド限定「ランド野帳」と発売60周年アイテムが熱い!



 毎年注目を集めている、コクヨハク限定の測量野帳。今回は、遊園地にふさわしいキュートでカラフルなデザインで登場。蛍光カラーの「ランド野帳」が5種類、落ち着いたパステルカラーの「オトナの野帳」は3色というラインアップ。今年は、Webでの事前応募による抽選販売でした。激戦の末、入手できた方はかなりラッキー。抽選に漏れてしまった方はごめんなさい…。あらかじめSNSなどで、野帳情報をキャッチしておくと、次のチャンスで幸運が舞い込むかも!

コクヨランド限定の測量野帳は、事前応募の抽選販売

 さらに、測量野帳の発売60周年記念アイテムも登場。測量野帳を模した大きなスケッチブックはA3変型サイズでタテヨコ比率が野帳と同じという、ファン歓喜のデザインです。

コクヨランド限定のスケッチブックは、測量野帳のデザインそのままに迫力のサイズに変身!

 野帳デザインそのままのクリヤーホルダーは、およそ15分で当日販売分が完売したそう。取材陣が現品を拝むことすらできないほどのスピードでした。測量野帳スケッチブックとクリアファイルは、大阪で4月12日~14日に開催される文具女子博でも限定数量で登場するそうですよ!

 また、最終日である4月1日のみ、60周年の還暦にふさわしい紅白の「ちゃんちゃんこ野帳」が数量限定販売されました。紅白の2色展開で、それぞれ表と裏に還暦のお祝いモチーフがデザインされているというもの。初日の取材時にはお目にかかれなかったレアな逸品、ぜひ見たかった!

コクヨランドに入園しないとゲットできない特典や限定フードも



 今回も会場でしか入手できない特典で、来場者を楽しませてくれました。友だちと2名以上で入園するともらえる、友だち特典のワッペンシール。幸せの黄色いバンダナを身に着けたスタッフに、「友だちと来たよ!」と伝えると、さわやかな笑顔とともに手渡ししてもらえる、かわいい限定アイテム。

テーマイラストが描かれたワッペンシールは、友だちと2名以上での来場特典


山崎シゲルと部長の掛け合いで大人気のイラストが描かれた鉛筆シャープ購入特典のコーヒーパック

 また、遊園地に行くと食べたくなるお菓子といえば、ポップコーン。いちご大福、クリームソーダ、はちみつの3つの味が、テーマイラストが描かれたパッケージに入っています。テーマカラーと味がリンクしたカラフルではじけるおいしさが詰まっていました。

カラフルなポップコーンを頬張れば、自宅にいながらにして「コクヨランド」の思い出に浸れる

 テーマパークの絵柄をあしらい、食べるのが惜しいくらいのアイシングビスケットもお目見え。おみやげはもちろん、自分用にも複数購入している方も。

おまけ付きバイキングコーナーにもたくさんの人



 遊園地の定番メリーゴーランドをイメージした、かぼちゃの馬車をあしらった限定パッケージの「ドットライナーメリーゴーランド」や、顔の一部がプリントされた丸いシール「カラーラベル」、グラフィックマーカーPASTAの2色混色芯のセットなど、コクヨハクでしか手に入らない限定商品がたっぷり!

ドットライナー3個入りの限定パッケージデザインは、かわいいメリーゴーランド!

 文房具のバイキングも大賑わいでした。「ドーナツシールスタンプバイキング」は本体2個とドーナツシール2個を、テイクアウトボックスに詰めてお持ち帰りできます。さらに、宝箱の中に入った大量の「ドットライナー」からお気に入りの柄を5個選べるトレジャーボックスコーナーも。限定柄を探す人たちでブースは白熱していました。非売品の防災用救護笛「ツインウェーブ」がおまけに付くのも嬉しいポイント。人気のかわいい「和ごむ」でラッピングしてくれるという、特別仕様でした!

ボックスからお目当ての限定柄を探し当てた人はラッキー

工夫と楽しさいっぱい超人気のワークショップも激アツ



 毎年大盛況、整理券配布後にすぐ定員に達してしまうワークショップは、今回もワクワクする内容が盛りだくさん。キャンパスノートをデコって、オリジナルを制作する「デコキャン」では、カラーペンやステンシル、マステなどを使い、世界で1冊の、オリジナルキャンパスノートに仕上げるというもの。参加していた子どもたちは、無心でデコりの世界に没頭していました。

ワークショップの材料はもちろん使い放題!夢のキャンパスノートづくり

 その他ワークショップは、接着用品の新シリーズ「GLOO」を使い、オリジナルのメッセージカードを組み立てる「GLOOで工作」、カルカットクリップを使ってマステを切り、ちぎり絵のようなモザイクアートを仕上げる「マスキングテープアート」、グラフィックマーカー「PASTA」で夢いっぱいのイラストを色付ける「PASTAで塗り絵」なども開催されました。

 そしてたった今、コクヨランドに来場できなかった方のために「コクヨハクに『行けなかった理由』教えてキャンペーン」を開催するとの情報が!その理由を教えていただいた方の中から、なんと総勢55名にコクヨハク限定商品が贈られるそう。残念ながら来場できなかった方は、この機会にぜひ応募してはいかがでしょうか。

 また、コクヨの公式オンラインショップ「コクヨショーケース」では、コクヨハク2019で販売の人気商品(限定品除く)を紹介中です。いけなかった方も買い逃した方もチェックしてみてくださいね。

 さあ、来年はどんな世界へ導いてくれるのでしょう。2020年の開催もワクワクときめく内容を期待しています!

《船田るみ子》

この記事の写真

/

特集